晴れても曇っても雨降っても

目標を探すのが目標。そんな日々。

【日記】自分の居場所の感じ方

こんばんは~!

 

もう5月が終わって、6月ですね~。

日差しも強いし、暑くなってきました。

あ~、ずっと春ならいいのにな~。

暑いのも寒いのもつらいです。

まあ、避けられないことなので体を慣らしていくしかないのかな。

 

11時台で寝るプロジェクトは、3週間の内、1日だけ遅くなりましたが、金曜日の夜だったので、車の運転には悪影響はなかった、はず。

昨日も、日付をまたぐ直前に布団に入りました。

まあ、1、2時に寝るのが当たり前になっていたころと比べれば、良い感じ。

 

あ、個人用のお菓子はまったく買わなくなりました。これはべつに思ったほどストレスなくできている。というか、お菓子買うこと忘れてる。

最近は、じゃがいもふかしたりして食べるようになりました。とてもうまい。

あと、基礎体温も高温期が安定していて、キレイな二相のままでした。やっぱり、このままちゃんと生活を整えていこう。

 

さて、タイトルですが。

 

最近、別の職場に応援にいくことがありました。

そこで感じたことなのですが。

 

仕事自体はとても順調でした。

わたしが普段からよくやってるような業務だったので、はじめての現場でしたが、とくに問題なくこなせました。

ただ、そこには知り合いなどはいなくて、以前なら、不安で仕方なかったかもしれないです。

そう、実は、ぜんぜん不安とか感じなかったんですよ。

それがいわゆる『普通』なのかもしれないけど。

これまでは、誰も知り合いのいないところに行くのに、すごく神経質になってたんです。

「ひとりぼっちになるかも」「だれにも話しかけられなくて、すごく気まずい気分を味わうかも」「話しかけても、なにを話せばいいのかな」

などなど。

 

『ひとりぼっち』を異常に恐れていたんです。

まあ、完全にその気持ちがなくなったわけではないと思うけど、今回は、とあることがあるまで、そもそもそんな不安が頭に過ること自体なかったんです。

 

同じ現場で作業していたとある方で、すごく明るい雰囲気なのですが、作業が終わって後片付けで三人になったとき、あからさまにわたしに背を向けて、もうひとりの方とお話をし始めたんです。

 

この時、わたしはこの行動を攻撃とはとらえませんでした。

それが普通かな? 今までは、「これはわたしを仲間外れにしようという攻撃だ!」と、相手の行動の理由を妄想して、すごく自分で勝手に傷ついていたのですけど。(課題の分離でいけば、そんな他人の考えを推測しようとすること自体がムダなこと)

 

今回は、ああ、ひとりになっちゃったな~とは思いましたが、でも、それがどうしたっていうんだろ? あれ、ぜんぜん平気じゃん。

 

むしろ話しかけられなかったので、水分補給して、ゆっくりとトイレに行って、帰り支度を済ませることができたので、定時でサクッと帰ることができました。

 

もちろん、笑顔で「お疲れさまでした~」とあいさつしましたよ。

 

なんていうか、いままではどうやれば超えられるかわからなかった壁を、知らぬ間に超えられていたことを教えてもらえた感じ。

何かをしたってわけじゃないけど、「あれ、ぜんぜん平気になってた」という気付きをもらえました。

 

ひとりぼっちが怖い、という気持ち自体はなくならないと思うんです。それは、人間であればいたって普通の感覚だと思うので。

ただ、そのせいで自分らしくない行動をとれば、嫌な気分になると思うので、そういう行動をとらずに済んでよかった。

たとえば、その、わたしに背を向けた人を恨む、とか。

まあ、正直いい気分ではないけど、でも、これまでのような被害妄想で相手を憎み、自分をみじめに責め立てるような真似をせずに済みました。

 

これは、わたしが無理やり自分を納得させて「ひとりでも大丈夫」って言い聞かせているわけではないので、わたしとしてはすごいことなんですよ。

(よく、無理やり言い聞かせてたからね)

 

たぶんですけど、今回大丈夫だったのは、『自分の居場所』があると思えている、感じているからかな~と。

どこに? といわれると困ります。どこなんだろう?

 

とりあえず、「わたしここに居てもいいの?」と思わずに、

 

「わたしはここに居ていいんだ」と思っていたんでしょう。

 

アドラー先生のいう、所属感ですね。

 

ということは、わたしはいま、人生のタスク(仕事・交友・愛)から逃げていないってことなのかな?

 

人生のタスクから逃げようとすれば、また、他人の行動で自分の気持ちが揺さぶられていると妄想して、自分を痛めつけてしまうのかも。

 

まあ、そうなっちゃうこともあるかもしれないけど、できれば、そんな風に思わずに自分の居場所を感じながら生きていきたい。

 

その基本は日常生活のなかにあると思うので、今日も11時台で寝られるように頑張ろう。

 

では、また。

【日記】低刺激生活を試みる

こんばんは!

 

ようやっと、新しい生活に慣れてきました。

というか、仕事量がかなり減って楽になりました。

楽になりすぎて、もっとなんかやること考えなきゃな。

 

いままでは自転車操業? 次々こなさなきゃいけないことをさばくのに手一杯だったので。今の仕事はじっくりやれそうです。

 

車の運転も慣れてきた、気がします。とにかく、自分で責任とれるだけの速度と車間距離を意識してます。あと、なんかあったらすぐブレーキ!

 

さて、タイトルですが。

最近すごく面白くてためになるブログを読んでまして。いろいろ勉強させてもらっています。

心理のちゃんとした本を読まなくなっていたので、ひさびさ読んでみたくなりました。

いままで全然知らなかった、考えたことのなかった、身体のほうから働きかけるアプローチ方法で、目からうろこです。心理といえば、内面で考えるもの!って固定観念があったんですね、わたしには。

睡眠不足の解消とかストレッチとか、やっていても身体の健康や不快感の解消がメインで、心理面に働きかけることを主目的としてやったことはなかったので。

その行動を習慣にしていく過程で、自分自身で決意し、実行することを約束し、決行するという『主体性』を獲得しようと思っていましたが…。

その行動自体が心理精神面に良い影響をもたらしてくれるとのこと。

 

身体の健康維持と不快感の解消ができて、さらに心理精神面でも良い影響が及ぼせるのなら、超お得です。そして多分、意識しないでやってるよりは、意識して取り組んだほうが効果的。

 

で、わたしなりにそのブログを読んで解釈し、自分の生活に取り入れようと思ったことを端的に述べると、

 

低刺激生活をしよう

 

になりました。

 

うまく説明できるかわからないですが。わたしの私見交じりになります。

具体的には…

・夜、お風呂入る前にはネットを遮断

・楽しくなっちゃう音楽、ネット小説は平日は触らない

・休みの日も、夕方からは音楽・ネット小説には触らない

 

↑は、とにかくひたすら、早寝のためです。

土日祝祭日関係なく、ただ淡々と夜の11時(無理でも12時)までには就寝する。 

まあ、前々から再三言ってること、目標にしていることなんですけどね。

ちょっとまえに、午前二時までネット小説を読みふけってしまったことがありまして…( ̄▽ ̄;)

しかもそれが日曜日の夜の出来事。

 

…もちろん、翌朝月曜日は普段よりも遅く起きることになって、慌てて車に飛び乗って、アワアワしながらの出勤となりました。 

 

遅刻を覚悟しました。でもまあ、それは自業自得。 

夜遅くまで起きていて、早く起きることはできなかった。それは自分の行動の当然の結果なわけです。 

粛々と受け入れ、気持ちを切り替えて、とにかく、事故を起こさないように注意を払って運転することにしました。寝不足だと、酩酊状態と違わないらしいから、そりゃもう必死に。

 遅刻くらいだったらいくらでも取り返しはきくけど、事故したら損失・損害は甚大ですからね。他人を巻き込んだりしたら、もう、目も当てられない。

 

そういうわけで、悲壮な使命感(笑)を燃やしながら職場についたら、セーフでした。

 

あーよかった~って、

 

 

よくねーだろ! 

 

そういうわけで、これはマズい! どうすればいいだろ?

と思っていたときに、日常生活にあふれる刺激を減らすことで体調を整えていこう、というようなブログ記事を読みまして。 

 

これだ! と。

その日から、ネット小説と音楽は平日触らないことにしました。で、11時台で眠るように。まあ、まだまだ油断はできないのですがね。

 

というか、ネット小説と音楽は土日祝祭日も触らないほうが身のためな気がする…。やっぱり、依存体質なんだよなぁ。厄介なものです。

ま、それでもこのわたしで生きていくんだから、受け入れるしかありません。

 

う~ん、小説は、やっぱり本を買うのがいいのかな。無料で面白いお話がたくさんあるんですけどねぇ…。自分の体質が恨めしい…。

ほどよく切り上げるとかできない。限界ギリギリまでやめられない。

「あ~もうヤバい」と思っても、「いや、あともうちょっと!」って限界超えてもやめられない。

読み始める、聴き始めると止まれないのなら、とりあえず、そもそも触らない。

で、代替に手持ちの本を読み、短編の怪談朗読まとめを聴いてます。

これらは途中でやめようと思えばやめられるので。

たぶん、わたしにとっては低刺激なものなんでしょう。

 

まあとにかく、車通勤の間は絶対に! 早寝早起きを実行していかないと、自分はもちろん、他人にも甚大な迷惑をかける可能性が高まります。

その可能性をできる限り減らすため、自分にできることを模索し、実行していこうと思います。

 

そして、あわよくば! 習慣にして、車通勤じゃなくなっても続けていければいいな。 

やっぱり、ちゃんと早寝早起きできると、いい気分です。 

 

では、また。

 

【日記】『誰か』を許すとは、『自分』を許すということ

こんにちは!

 

昨日はひさしぶりに甘いものを買いました。

子どもの日ですので、柏餅です。

最近は自分のためだけのお菓子を買うのを控えていたのですが、ついつい…。

やっぱり、季節もの?はおいしいですね!

  

さて、今日はメンタル系のお話です。

『7つの習慣』で取り組んでいること(早寝早起き・腹八分目)は、もちろん取り組んでいるのですが(できてるとは言ってない)、なにか書けるほどの変化や大失敗もなく(普通の失敗はたくさんある)、まあ、だいだい普段通りです。早寝が…!

 

なので、最近、ちょっと考えたことを書きたいと思います。

 

これは単なるわたしの考えですから、まあ、こんなこと考えている人間がこの世にはいるんだな~くらいに思ってもらえるとありがたいです。

ものすごく長くなりましたが…。

 

コロナがニュースをにぎわす前、(1月くらい)に、飲み会に参加するため、職場の同僚から車で送ってもらう機会がありました。

で、それがちょうど道が混む時間帯に当たってしまったようで、遅れそうになったのですよ。

運転してくれている同僚はとても申し訳なさそうにしていて、わたしは同乗していたほかの同僚と一緒に「送ってくれるだけでありがたい、遅れたってどうってことない」と言い、ほんとうにそう思っていたのです。

だって、歩きなら完全に遅刻するし、遠すぎて疲れるし、それに比べたら快適な車に乗せてもらえて、ほんとにラッキーだったんですから。

 まあ、結局は車を運転してくれた同僚の人徳か、ドライビングテクニックか、ちゃんと定刻よりも早くに着いたのですが。

 

で、わたしこの時に、「自分、変わったな~」と思いました。

なぜなら、ずっっっと昔にこれと似たようなシチュエーションがあって、その時は表面には出さないように努めていたけど、

 

心ン中じゃあ、罵り倒してました

 

からね。

 

あはは、さいてー。

 

もう本当にね、あきれてしまうけど、そういう時期があったんです。

いまは、そんな風に思わなくてすむようになって、ほんとうにうれしく思っています。

 

他人の好意に胡坐をかき、しかも、好意をもってしてくれたことを結果だけ見て責め立てようとしていた。

まあ、さすがに表面上は文句言ったりしなかったですが、心の中は不満でいっぱいでしたね。「こいつのせいで遅れそうになった!」ってね。

 

「自分のためになんの見返りも求めずしてくれること」がどんなにありがたいことか、わかってはいました。

わかっていても、不満・恐怖のほうが強かった。

「遅れること」が許せなかった。その原因は、運転している人間にある、と思わずにはいられなかったんです。

 

それはどうしてかといえば、

 

自分に自信がなかったからでしょうね。 

 

たぶん、今ならちょっと遅れようがどうってことないと思えることが、

かつては「ぜったいに自分には許されないこと」だと思い込んでいたのでしょう。

 

そう、わたしは車を運転してくれた人を罵っていたのではなくて、本当のところは、自分自身を罵っていたのだろうと思います。

 

わたしは攻撃的な人間の代表というわけではないですけど、他人に対して攻撃的になるとき、他人を攻撃したところで気分が楽になることはありませんでした。

攻撃することで嫌な気分がすっきりする、という人もいるのでしょうけど、わたしの場合は違ったんです。

嫌な気持ちはなくならなかった。

 

わたしがかつて怒りの矛先にしていた親に対して、思っていることを激しくぶつけたことがあります。それですっきりしていたら、ひょっとすると、それからも他人に攻撃することは正しいことだと思って、ガンガン攻撃に転じていたかもしれません。 

 

ですが、結局は、わたしは親に攻撃を加えたところで、まったく救われませんでした。気分は晴れませんでした。 

言いたいことを言わずに我慢してきたから、言いたいことを言ったら、自分はきっと救われると思っていたけど、実際はそこまででもなかった。

言えたことは確かに良かったけど、それは、たぶん、自分の意思を表明できたこと、自己表現できたことが良かったんでしょう。

攻撃することが目的ではなかった。自分自身を表現したかった。伝えたかった。

やられたからやり返したい、傷つけられたから傷つけ返したいんだと思っていたけど、そうじゃなかったとわかった。

 

だから、イラっと来たときは表面上、怒りの矛先にしている人ではなく、自分の内側に問いかけるようになりました。

だいたい、どうってことない些細なことでイライラするのですが、掘っていくとほぼ、同じようなことが原因でした。

 

・わたしが責められる

・わたしが悪く思われる

・わたしに価値がないように思われている

・わたしを大切にしてくれない

・わたしを最優先にしてくれない

 

自分のことしか考えてません。

まあ、当たり前ですし、とくに変だとは今は思いません。

昔は、こんなことを考えてるなんて! と無意味に自分を責めて悦に入ってましたが。

 

今では、

 

・わたしが責められる⇒いや、そこまで他人はわたしに興味ないよ

・わたしが悪く思われる⇒そんなに他人は暇じゃない

・わたしに価値がないように思われている⇒だから、そんなに他人は暇じゃないって

・わたしを大切にしてくれない⇒じゃあ、自分で自分を大切にしよう

・わたしを最優先にしてくれない⇒じゃあ、自分で自分を最優先にするよ

 

 わたしは常に自分が自分の評価にしか興味がなかったために、「他人から○○される」という超受け身思考だったんです。

 アドラー心理学の課題の分離です。他人の考えることなんて、わたしのコントロール外です。そもそも、他人がわたしをどう思うかなんて、本当には知り得ないこと。わたしの妄想です。

自分の妄想で自分を脅かすくらいなら、そもそもそんな妄想は手放したほうが良い。他人の真実を考えるだけ無駄だし(他人のためにものを考えるな、ではなくて、結局、真実はわからないからです)。なら、自分の真実を見つめたほうが良い。

 

なので、「他人がわたしを○○だと思ってる!」という思考が浮かんで来たら、

はい、妄想~! 考える価値ナシ!

 

と、切って捨てるようにしています。

これをやっていく過程で、だんだん、怒られることが怖くなくなっていきました。

なぜなら、

他人の怒りもほとんど妄想がベースだ

と思うようになったからです。わたしがよっぽどのことをしない限り。

 

ただただ文句を言いたいだけのクレーマーは、まさしくですね。

あるいは不満をぶつぶつこぼすような人は、どうすればいいのかわからない不安があるのだな~とか、あ、このひとは「べき・ねば」に自分がとらわれているから、他人にも「べき・ねば」でしか接することができないんだろうな~とか、妄想してます。

 

コイツの怒りとわたしは無関係 

 

 ですから。

逆に言えば、

 

わたしの怒りと目の前の人は無関係

 

ということです。

 

わたしは完璧な人間ではないので、ひとに迷惑をかけますし、いやな思いもさせているでしょう。でも、わたしは、そんな自分を許します。

わたしの周りの人たちも、完璧な人間ではないので、わたしに迷惑をかけたり、嫌な思いをさせることもあるでしょう。でも、それはお互い様です。許します。

 

自分を許すのが一番難しかったので(まだ許し切れていない部分もあるかもだけど)、自分を許せれば、よっぽどの人間でなければ他人を許すことは可能だと思います。

 

だって、まず、自分を許すには『完璧ではない』 『他人に迷惑をかける』『嫌な思いをさせている』自分を認めなければならず、わたしは他人から認めてもらえるように『完璧』で『他人に迷惑をかけない』『嫌な思いをさせない』ことを、それこそ必死で頑張ってきたわけですからね。

 

でもそれは、無理! 完璧な人間になれなかったよ!

 

 という、自分に対する敗北宣言に等しかったです。

だから、わりとつらい人生だったのかな。負けを認めるまで、自分で自分を責め続けるってことですからね。そりゃ、心もすさむわ…。

 

まあ、敗北を認め、自分を許すことが絶対的な正解とは思いません。わたしにとってはこれはとても良い選択肢だったと思うけど、そうじゃないひともいると思います。

 

ま、人生いろいろですね。

 

では、また。

 

【日記】継続していきたいこと

おはようございます!

 

連休って、ふだんだったら敬遠してやらないようにしていることに挑戦できたりして、良いものですね。

まあでも、いっぺんやってみればハードル下がって、前よりは気楽に取り組めるようになれるのかな。

家にいても成長?できることはきっとある! はずだ。

 

さて、タイトルですが。

 

今年の一月から基礎体温を測っていました。

正直さぼることもあったのですけど、最近はコロナのこともあり、ちゃんと寝起きにはかれていました。

 

今が4周期目が終わって、5周期目だったかな。

スマホのアプリに体温入力してたのですが、4周期目にしてようやく、

キレイな二相(と呼ばれるもの)になりました~。

(いやでも、そんなきれいに分かれてるとは思えないグラフだったけどね…)

 

なんだそれって感じかもしれませんね( ̄▽ ̄;)

(月経のある女性の体温は、高温期と低温期の二相にわかれるのが健康とされています。それぞれの時期に働くホルモンがしっかりと仕事してくれている状態のようです)

 

なんとか、ホルモンバランスが整ってきたってことでしょうか。

1~3周期目では高温期に体温がガクッと下がることがあって、高温期が不安定という結果でした。ホルモンバランスが乱れがちで、ストレスや自律神経が不安定な時に見られる状態だそうで…。

 

4周期目では高温期の13日間、目立って体温が下がることがなく終えました。

今後もこの二相の状態を維持したい!

 

そのためには、基本的な生活習慣の改善がよさそうです。

 

・早寝早起き

・7時間以上の睡眠の確保(人によるかもだけど)

・腹八分目

・ストレッチ

・お風呂にお湯張ってゆっくり浸かる

 

↑の内容を、全部完璧にできていたわけではありませんが、自分なりに「意識」しながら生活していました。

ほんと、寝るのが遅いと、バタバタすることになって、いろいろ崩れてしまうので、わたしにとって一番の難敵は『早寝』。

よく負けています。

 

まあ結局のところ、決して完璧に生活習慣を改善できたってわけじゃなかったのに、体は応えてくれたんだ~と思うと、すごくありがたいなと思います。自分に対してだけど。

 

成果が目に見えると、やる気がわきます。これを続けていこうって思える。

アプリさまさまです。

 

改善したと思えたからこうしてブログに書く気にもなったし!

(改善できなかったら、書く気になれなかったでしょうね…)

 

習慣を変えることで生活費が上がってしまったとしても(お風呂のお湯張り)、やっぱり、続けていきたい。

今年は収入もガクッと減りそうですけども、それでもこの行動は価値がある! と自分で思えたものは継続していこう。可能な範囲で、ですけど。

 

さて、今日は何をしようか…ダラダラするのも大事ですよね~。

怪談朗読聞きながら考えます。

 

では、また。

【2020新目標】いろいろな変化に伴う再設定

こんにちは!

 

お天気のいいお休みって良いですね~。

軽く掃除して洗濯して、お布団干してます。

早寝早起きができると生活の質が良くなる気がします。

でも、やっぱり、遅寝遅起きになることもあり、なかなか習慣にできてません💦

 

さて、人間社会をにぎわすコロナによる生活への影響や、わたし個人の生活環境の変化へ対応するため、年初に掲げた目標を変更しようと思います。

というか、年初の目標を忘れてたから、再確認して、今の現状と照らし、また新たに目標を立てようと思います。

 

…確認してきたのですが、あんまり変更する必要なさそう…。

適度に運動し、身の丈で暮らし、バランスの良い食生活、休息とりつつ、心を平穏に保ち、学び、尊重と理解をベースにしたコミュニケーションを心掛ける。

コロナ下にあっても、この基本的な態度は変更しなくて良さそうです。むしろ、今の状況にあっている気すらする。

 

あとは大切なお金ですが、具体的に貯金額を設定していなくて、全体で180万円で暮らそう! って感じの目標でした。

 

…ということは、1月~4月の実績ではオーバーとなっているわけです。

一年180万円生活は、

最低生活費 120万円/月10万円  11.5万円(実績) -1.5万円(-6万円)

特別費     40万円/月3.3万円   3.5万円(実績) -0.2万円(-0.8万円)

これだけで、すでに(平均とはいえ)6.8万円の赤字。

これにプラス車が加算されるので、180万円生活は無理そうですね…。まあ、車を除いた生活費を180万円以内で収めようとすればいいだけか。

それでも、やっぱりマイナスになっているのだから、対策を講じよう!

 

生活費が上がっている原因としては、お風呂のお湯張りと、テイクアウトのごはんに頼りすぎな食生活だろうなと思うので…。

 

・あったかくなってきたし、お湯は半分。(半身浴的な?)

・出来る限り自炊する。(根性論になってしまった)

 

あとは、やっぱり早寝早起きでしょうかね。朝早く起きられれば、お弁当を準備できるし。夜ごはんの準備(野菜切るとか)ができれば、なおよろし。

 

まあ、いきなり全部できるように、ではなく、徐々に整えていこう。

諦めないで続けていければ、いつか実を結ぶこともあるでしょう。

 

で、今年の貯金目標ですが…

 

プラマイゼロ!

 

を、目指します。

というのも、今の職場では残業がないので、たぶんひと月の手取りは20万円くらいで、ボーナスだってどうなるかわかりません。

↑の180万円生活は、ひと月15万円の計算なので、差額の5万円×12か月で60万円。ボーナスが半分くらいだと、40万円(年間)くらい? 100万円くらいの車を購入すれば、ちょうどプラマイゼロ。(あ~マイナスになる気がするわぁ)

 

がんばるぞ!

 

では、また。

【2020年1月~4月】収入と支出

こんにちは!

 

昨日からGWがはじまりました~。

暦通りの仕事ですので、5連休です。

外出の予定は、お散歩と買い出しくらいのものです。

もともと旅行とが外食に興味はないほうなのですが、なんか、行っちゃダメって言われると、行きたくなる不思議。

コロナが収束したら、ぜひぜひ外食とか小旅行とか行きたい。

夜行列車とか、あとで疲れるってわかってても、あの雰囲気は好きです。ほかの人のいるざわざわ感が、なんか安心する。

 

ま、それは置いておいて。

2020年1月~4月までの収支です。

 

2020年1月~4月

収入

給与 104万円 ひと月平均 26万円

 

支出

最低生活費   46万円 ひと月平均 11.5万円

 (家賃・水道光熱費・通信費・そのほか日常生活に最低限必要なもの)

特別費    14万円 ひと月平均  3.5万円

(医療費・被服費・美容費・町内会費・ホワイトニングなどなど)

車関連    12万円 ひと月平均   3万円

(ガソリン・車検・整備費用などなど)    

両親への援助  10万円

総支出 82万円

 

 

収支

104万円-82万円=22万円

貯蓄率 21%

※この中には職場の財形貯蓄や貯蓄型の保険料も含まれています。

 

収入が多いのは、3月までの残業が多かったためです。

あと、通勤に車を使うようになりました。

車はほんと、お金かかりますね。

ちょうど車検の車を譲り受けましたが、16年目?くらいの車なので、夏ごろには自分で車を購入しようかと考えてます。

月1万円のリースとかも検討しましたが、通勤距離が長いので、それは断念しました。

いやあ、かたくなに車を拒否していたのですが、さすがに今回は避けられませんでした。4月に、自宅からかなり離れたところにある職場へ異動になりましたので。

前の職場よりは仕事量が減っているのですが、車の運転という、わたしにとってとても苦手なものが加わったことにより、疲労度は前以上です( ̄▽ ̄;)

ヒヤリとすることもありますが、いまのところ事故には遭っていません。

ヒヤリとするだけで済んでいるのは、ほかのドライバーさんが危険を回避してくれているからです。すぐにできるようになるとは思えないけど、危険回避できるくらいのドライビングテクニックを身に付けたい。

4か月間の反省点としては、最低生活費が高騰してしまったことです。

というのも、最近、お風呂にお湯を張るようになったからです。

ガスが高いんですよね~。わかっていたのでこれまではシャワーで済ませていたのですが、基礎体温を測るようになったのと、自分のためってことで、高騰覚悟のうえでやってます。

どっと疲れてから対応するより、普段から自分をいたわっておいたほうが、結局出費は少なくて済むのではないかと思うので。

お金だけで見れば、マイナスになりますが、わたしの人生全体で見ればプラスになるはずだ! と。(おおげさ)

まあ、ただ、ほかに締められることがないか考えなきゃとは思っています。特に食費。

忙しさを理由に自炊を避けがちになってたので。

 

はやく新しい環境に慣れて、規則正しい生活リズムを刻んでいきたいです。

 

GWはゆっくりするぞ~。

 

では、また。

【日記】コロナショックで学んだこと

こんにちは!

 

ほぼ一か月ぶりになってしまいました。( ̄▽ ̄;)

生きてます。ちょっと忙しくて、疲れ気味です。

 

まさかコロナがここまで人間社会を脅かすとは思ってませんでした…。

インフルみたいに、春になれば自然と治まっていくんじゃないかなぁと、漠然とかすかな希望を抱いていたのですが、ぜんぜんそんな気配はないですね💦

 

まあ、わたしにできることと言えば、不要不急の外出を避け、手洗いをこまめにして、マスクをすることくらいかな。

 

マスクは、花粉症のおかげでストックが少しはあったのですが、ここまで長引くと、さすがにね。いまは何枚かを洗いながら使っています。効果は薄れちゃうのかもしれないけど、仕方ない。

洗っても一日で乾いてくれるので、それは新たな発見でした。

 

新たな発見といえば、コロナ騒ぎでロックダウン?! みたいなこと聞けば、これまで、当たり前のように新鮮な肉、魚、野菜、果物などなどをふんだんに食べられていたことは、とても幸せなことなんだと思いました。

 

生産、物流、販売に至るまで、いろんな人たちがそこにいてくれているから、回っているんですよね。

ライフラインだってなんだって、それを管理してくれている人たちがいてくれるから、生活が成り立っているんだなと。

たくさんの人たちの仕事のおかげで、毎日快適に暮らせている。

普段はまったく気に留めたことも無かったけど、危機に陥るかも、と思えて初めて気づけました。

 

ありがたいことです。

 

そしてなにより、はやくコロナ騒ぎが落ち着くことを願っています。

 

さて、コロナ騒ぎの影響はわたしの資産にも多大な打撃を与えています…。

いちおう、投資をわずかながらにもしているのです。

 

わたしがやってるのは、積み立てNISAとiDeCoと投信とFX。

(FXはギャンブルに含まれるのだろうか…)

 

詳細は省きますが、97万円くらいを投資に回していて、マイナス12万円くらい。10%以上の含み損です。

 

積み立てNISAもiDeCoも長期の予定です。なので、このままほったらかしです。

コロナショックのおかげで、なんか、やっと投資は自己責任! を実感できました。

 

急落するまでは、じわじわ含み益が増えていてニヤニヤしていたのですが、一日足らずで含み益が吹き飛び、今じゃあ10%以上の含み損。

いろんなひとの発言をみるにつけ、結局、投資は自分が納得してやっているというのが大前提だなと。

誰かから勧められたとか、儲かるらしいと聞いて始めたとして、こういう危機的状況に陥ったとき、「○○のせいだ!」と、思考停止に陥るのなら、あんまり投資にむかないだろうなと思いました。

 

わたし自身、「うわぁ、こんなに損するんだ…」と、思考停止に陥りましたから。

自分はあんまり大金を投じちゃいけないな、と肝に銘じました。

日常が脅かされるような損失を被れば平静ではいられないだろうし、日常生活の質にも影響を与えてしまいそうです。

 

あと、今更ですけど、損切りの意味がやっと分かりました。

株価が下がって、確定したら損するのは見え見えなのに、あえて損切りする意味がいまいち理解できてなかったんですよ。

でも、実際に暴落した今、いわゆるバーゲンセール状態で、何でもかんでも値を下げている。この時に狙っていた銘柄を仕込むため、あえて損を取る。

たぶん、慣れた人たちにとっては、この混沌のうちにも自分なりのルールを適用し、たとえ損したとしても混乱することもなく、「ここまでは大丈夫」「ここからは手を出さない」というふうに落ち着いて行動できるんでしょうね。

 

損することすら想定内。わたしなんかはそこで思考停止ですけど、損をしたその先、どう行動すれば利益を得られるかを常に考えている。同時に、自分の限界もじゅうぶん承知している。

 

危機的状況にあっても落ち着いていられるというのは、経験とお金のゆとりがあるからかもしれないですね。

ピンチはチャンスともいいますし。

 

ほんのちょっと、この暴落で学べるように、投信を購入しました。1万円。(少なっ)

たぶん、今後も積み立てNISAとiDeCoがメインで、暴落局面で投信をちまちま買ってみるくらいの投資活動になると思います。

面白みはあんまりないですが、まあ、それが自分の許容範囲だろうから、仕方ないな。

 

あと、話は変わりますが、コロナショックがあって、いろんなことが普段通りとはいかないですが、通勤途中に見かける公園の桜は、今年も美しいです。

 

綺麗な桜を見ながら、

ああ、人間て、ちっぽけなんだなぁ。だけどまあ、がんばるよ。

 

そんなことを思うのでした。

 

では、また。